【京都6R新馬戦】アドマイヤメテオ 差し切り快勝、直線豪快伸び

[ 2014年1月5日 13:22 ]

 メイクデビュー京都は5日、京都競馬場6R(芝1600メートル・晴良)で行われ、福永騎手騎乗の2番人気、アドマイヤメテオ(牡3=橋田厩舎、父キングカメハメハ、母ジェダイト)が、直線で2頭の争いを制し新馬勝ちを飾った。勝ち時計は1分33秒8。

 レースはトゥルースカイが逃げ、ヤマノフェアリー、ザラブスプリム、ミスティックナイトがその後ろにつけ、さらにその後にアドマイヤメテオが内ラチ沿いにつける展開。トゥルースカイが直線に入って後退すると、抜け出しにかかるヤマノをアドマイヤが差し切って快勝を収めた。

 1馬身1/4差の2着にヤマノフェアリー、そこから9馬身離れてマンダリンカラーが3着に入った。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2014年1月5日のニュース