【京王杯SC】傾向と対策

[ 2013年5月11日 06:00 ]

 過去10年の連対馬20頭から傾向を探る。

 ☆臨戦過程 以前はマイラーズC、ダービー卿CT、高松宮記念組が好走していたが、近年はOP特別、1600万下からの好走も目立つ。格より調子だ。

 ☆年齢 5歳馬が10連対と半数を占めるが、6歳馬も6連対と健闘。一方で人気を背負った4歳馬は苦戦する傾向で注意が必要。

 ☆波乱含み 1番人気は連対ゼロと超不振。2番人気も2勝のみで、上位人気がそろって連を外すケースが目立つ。穴党向きだ。

 結論 ◎サダムパテック ○シャイニーホーク ▲ガルボ。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2013年5月11日のニュース