【ヴィクトリアM】マイネイサベル 重苦手、馬場の早期回復期待

[ 2013年5月11日 06:00 ]

最内枠からG1タイトルを狙うマイネイサベル

 最内1番はマイネイサベル。過去2度の1番発進は4、7着に敗れたが、ともに苦手な重馬場でのもの。水野師は「枠は気にしていなかった。決まった枠で頑張ってもらうだけ」とサラリ。むしろ天気の方が気になる様子で「日曜には雨は上がるみたいだからね」と馬場の早期回復を期待していた。同馬は土曜午前に競馬場入りする。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2013年5月11日のニュース