【ヴィクトリアM】傾向と対策

[ 2013年5月11日 06:00 ]

 過去7年の連対馬14頭から傾向を探る。

 ☆年齢 14頭全てが4、5歳馬で、6歳以上は3着が2回のみと不振。特に4歳は5勝、2着6回の好成績で中心視。

 ☆前走 14頭全てが重賞からの臨戦。優勝馬に限れば7頭中6頭が5着以内に好走していた。近況充実も条件の1つ。

 ☆実績 14頭全てに重賞V、またはG1・2着の実績があった。強い相手と戦って結果を残していないと、厳しい。

 結論 ◎サウンドオブハート ○ハナズゴール ▲ヴィルシーナ

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2013年5月11日のニュース