【京王閣・女子競輪】石井 デビュー戦で快勝「ホッとしました」

[ 2013年5月11日 06:00 ]

デビュー戦を勝利で飾り、1着ポーズをとる石井寛子

 女子2期生(18人)の主役・石井寛子(27=東京)は10日、京王閣競輪7Rでプロデビュー。2着に3車身差をつける快勝劇を演じた。

 3番車でスタートを取り、前団でレースを運んだ石井は、勝負どころの最終2角3番手からまくって1着。「凄い緊張したけどデビュー戦で(ホームバンクの)京王閣を走れてうれしかった。その中で勝ててホッとしました」と笑顔を見せた。11日の7Rは「7番車だけど前を狙ってみる。そして自分の力を出し切るレース」で連勝を目指す。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2013年5月11日のニュース