【京王杯SC】ミスターX 東京で崩れないレオアクティブ期待

[ 2013年5月11日 06:00 ]

 東京11R・京王杯スプリングCはレオアクティブ。東京1400メートルでは2、2、1、4、1着と大崩れしていない。昨夏、朱鷺Sで出した1分19秒7の持ち時計もメンバー中トップ。近走は振るわなかったが、2カ月半の放牧ですっかりリフレッシュした様子。最終追いでは抜群の動きを見せ、臨戦態勢を整えた。相手はダイワマッジョーレ。ここ2戦マイルで2着。初の7F戦になるが、速い流れになれば折り合いもつけやすい。距離短縮もプラスに働く。怖いのはシルポート。ここ4戦は人気になると凡走するが、逆に人気を落とすと上位進出してくる傾向。人気薄の今回は、激走するかも。

 馬連(10)から(2)(3)(5)(9)(11)(15)

 京都11R・都大路Sはヒストリカルの切れ味に期待。休養明けの前走六甲Sは3着も、上がりは最速の33秒1。1800メートルは3歳時に毎日杯で制している得意の距離。ひと叩きしてさらに切れを増す。対抗はリルダヴァル。平坦な方が合うのか、京都は【2101】と得意にしている。4走前カシオペアSで制した舞台で巻き返しを誓う。鞍上は豪の名手ウィリアムズで心強い。

 馬連(1)から(3)(5)(6)(7)(12)(16)

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2013年5月11日のニュース