【安田記念】グロリアス サイズ師「雨も大丈夫」

[ 2012年6月3日 06:00 ]

<安田記念>順調な仕上がりを見せるグロリアスデイズ(右)

 香港馬グロリアスデイズは滞在中の東京競馬場で最終調整。角馬場で約10分の準備運動を行ってからダートコースに移動。軽めのキャンターで2周流した。「日常的に行っているメニューを予定通り消化できた。順調な仕上がり」とサイズ師。4度目の安田記念挑戦となるトレーナーは余裕たっぷりの口ぶりだ。

 08年に出走させたアルマダはウオッカの2着。グロリアスを「アルマダと比べても遜色ない馬」と評価した上で「あとは相手関係だけ。今年は混戦と聞いているし、うちの馬も当然圏内にいる。何より今年はウオッカがいないのがいい」とニヤリ。14番枠についても「先行馬について行く馬ではないので、ダッシュする馬をやり過ごしていい位置を取るという意味で、かえって良かったかも。極端にぬかるんだ馬場じゃなければ、雨も大丈夫」と力強く締めくくった。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2012年6月3日のニュース