【中山グランドジャンプ展望】マジェスティが軸

[ 2012年4月10日 06:00 ]

 春のジャンプ王を決めるJ・G1。昨年暮れの中山大障害を制し最優秀障害馬に選出されたマジェスティバイオが、障害G1秋春連覇を狙う。昨春の障害転向以降、10戦して全て4着以内という安定感。前哨戦のペガサスJSも危なげない勝ちっぷりで不動の主役だ。3連勝中のバアゼルリバーにも注目。初の中山はポイントになるが勢いならこの馬だ。2年前に中山大障害を制しているバシケーンも長期休養明けを叩かれて上昇ムード。古豪VS新星の覇権争いは興味深い。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2012年4月10日のニュース