【皐月賞】まずは1冠!グランデッツァ陣営状態に自信

[ 2012年4月10日 06:00 ]

<皐月賞>スプリングSで重賞2勝目を挙げたグランデッツァ

 唯一の重賞2勝馬グランデッツァが万全の態勢を整えつつある。9日朝も担当の鍋谷助手の口ぶりは泰然自若といったものだった。「前走(スプリングS1着)は順調に来られていたから。輸送は北海道にいた時も経験していたしね。勝ったことに驚きはなかった」

 ひと叩きしたことで落ち着きも出てきたという。「カイバの量は一緒でも食べるスピードが違う。前走より10キロ近く増えていると思う」と鍋谷助手。「前回は少しピリピリしていたせいか馬体は減っていたけど、もともとこのくらいの体だからね」と上積みを感じ取っている。

 1週前追いはCWコースで6F83秒1~1F13秒1。前を行く僚馬2頭をこの馬らしい切れのある動きであっさり抜き去り、状態の良さをアピールした。「レース後の疲れは全然なかった。調整しやすい。筋肉がついて、しっかり走れる状態」。不安なく挑めることの強み。陣営は確かな手応えを持って、まずは1冠をつかみにいく。

続きを表示

この記事のフォト

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2012年4月10日のニュース