【UAEダービー】日本から参戦レーザーバレットは9着

[ 2011年3月26日 23:44 ]

<UAEダービー>直線の叩き合いをハナ差制したクワーラー(11)

 3歳馬による国際G2「UAEダービー」(AW1900メートル)は26日(日本時間同日夜)、UAEドバイのメイダン競馬場で行われ、日本から出走したレーザーバレット(牡=萩原)は14頭中9着に終わった。

 藤田伸二騎乗のレーザーバレットは、好発も道中は後方2番手待機。3、4コーナーで果敢に外から進出も先団には取りつけず。はるか先で行われる首位争いの後ろで、スタミナ切れし下がっくる馬をかわすのが精いっぱいだった。

 1着は地元のクワーラー(牝=ビン・スルール)。愛国のマスターオブハウンズ(牡=オブライエン)との叩き合いをハナ差制した。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2011年3月26日のニュース