【ドバイWC】ブエナ騎乗で確信!ムーア「勝つ力ある」

[ 2011年3月26日 06:00 ]

濃い霧の中、ムーアが騎乗して最終調整に臨んだブエナビスタ

 ドバイワールドC(メイダンAW2000メートル=発走・日本時間27日午前2時35分)に出走する日本の大将格・ブエナビスタ(牝5=松田博)は、新パートナーのムーアが騎乗してAWコースで軽めのキャンターで最終調整。ジョッキーサイドが「どうしても乗りたい」と熱望して実現した。

 騎乗後「とても気分良く走っていた。強い馬相手に勝てるだけの力があると確信している。少しの幸運に恵まれ、道中で不利なくレースすることができれば、勝つだけの力がある。彼女のレースをさせてあげたい」と穏やかな語り口の中にも、ただならぬ気合がこもっていた。

 また、同じワールドCに出走するヴィクトワールピサ、トランセンドもともにAWコースで軽めのキャンターで調整された。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2011年3月26日のニュース