【高松宮記念】ダッシャー「できれば内が…」

[ 2011年3月26日 06:00 ]

G1初制覇に臨むダッシャーゴーゴー

 約3カ月ぶりのオーシャンSを制したダッシャーゴーゴーは坂路1本。1F18秒ほどのペースで駆け上がって感触を確かめた。「硬さがあるかどうかチェックしました。コズミはなかったですし変わりないですね」と安田景助手。

 7枠(13)番に関しては「できれば内がよかったですけど、大外枠じゃないですから」と納得の表情。「前走と変わらないくらいの馬体重で出られそうです。追い切りはまるで馬が合図を待っているかのような感じで動いていました。前走より状態はいいですよ」と手応えを得ていた。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2011年3月26日のニュース