King&Prince永瀬廉 耳のケガから復帰後初の公の場で笑顔見せる 「気負わず自分らしく」

[ 2024年6月18日 15:09 ]

ネットフリックスの映画「余命一年の僕が、余命半年の君と出会った話。」の配信記念イベントに出席したKing&Princeの永瀬廉(撮影・糸賀日向子)
Photo By スポニチ

 King&Princeの永瀬廉(25)が18日、都内で主演したネットフリックスの映画「余命一年の僕が、余命半年の君と出会った話。」(監督三木孝浩、27日配信スタート)の配信記念イベントに出席した。右耳のケガによる活動休止から復帰後、初の公の場で笑顔を見せた。

 先月29日に京セラドーム大阪で行われたライブの準備中に右耳を負傷。目まいの症状や耳内に傷が見受けられ、すぐに手術を受け、活動休止を発表。12日に活動を再開していた。

 「余命…」は森田碧さんの同名小説が原作。“期限付きの恋”を描く。映画作品での王道ラブストーリーは初挑戦で「設定に対してワクワクであったり不安もあったんですけど、不安は現場入りしてすぐに消えた。初めてにしては気負わず自分らしく過ごせた」と振り返った。

 永瀬は余命を宣告され、淡々と日々を過ごす中で、運命の恋に出合うことで再び人生に希望を見いだしていく主人公を演じた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月18日のニュース