門倉有希さん通夜 氷川きよし号泣 伍代夏子、長山洋子、西尾夕紀ら約300人が参列

[ 2024年6月13日 08:23 ]

門倉有希さんの遺影
Photo By スポニチ

 6日に乳がんのため死去した歌手の門倉有希さん(享年50)の通夜が12日、東京都大田区の臨海斎場で営まれた。

 伍代夏子(62)、長山洋子(56)、西尾夕紀(49)ら約300人が参列。喪主は夫の金田大さん。

 祭壇は赤と白のバラで華やかに彩られた。棺の中の門倉さんは白のドレス姿。お世話になったメークさんが化粧をほどこした。

 4月に活動再開を発表したばかりの氷川きよし(46)も弔問。門倉さんは氷川が歌手を目指すきっかけとなった憧れの歌手。大切にしてきた門倉さんの写真集を手に訪れ、最後の別れを告げると号泣していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月13日のニュース