×

来年「どうする家康」松山ケンイチ11年ぶり大河帰還!宝物「平清盛」以来 家臣団の嫌われ者・本多正信役

[ 2022年6月30日 12:01 ]

来年2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」にレギュラー出演することが決まった松山ケンイチ。徳川家臣団の嫌われ者・本多正信役を演じ、主演作「平清盛」以来11年ぶりの大河帰還
Photo By 提供写真

 俳優の松山ケンイチ(37)が来年2023年のNHK「どうする家康」(日曜後8・00)にレギュラー出演し、11年ぶり2度目の大河ドラマ出演を果たすことが6月30日、番組公式ツイッターで発表された。主演を務めた12年「平清盛」以来の大河“帰還”。徳川家臣団の嫌われ者・本多正信(ほんだ・まさのぶ)役を演じる。松ケンは「家康の凄さがわかるように精いっぱい胡散臭く、無責任で、悪知恵が働くイカサマ師を遊ぶように演じていけたらと思っています」と張り切っている。

 希代のストーリーテラー・古沢良太氏がオリジナル脚本を手掛け、国民的グループ「嵐」の松本潤が主演を務める大河ドラマ62作目。「リーガル・ハイ」「デート~恋とはどんなものかしら~」「コンフィデンスマンJP」などのヒット作を生んだ古沢氏は大河脚本に初挑戦。松本は大河初出演にして初主演となる。乱世を平定し、東京の礎となる江戸を築いた家康を単独主役にした大河は1983年「徳川家康」以来、実に40年ぶり。令和版にアップデートした新たな家康像を描く。

 今回、松山が演じる本多正信は、大久保忠世(小手伸也)の紹介により登用されるも、胡散臭く、無責任な進言をするイカサマ野郎。常識にとらわれない発想を持ち、悪知恵が働き、家康(松本)の小さな野心を刺激。のちに友人となり、家康の天下取りに欠かせない男となる。同じ本多姓でも、忠勝(山田裕貴)とは水と油。

 松山は「胡散臭い、無責任、イカサマ、悪知恵が働くネガティブな表現のその裏には、ヒトの常識や価値観、生き方まで変える力を孕(はら)んでいます。その匂いを家康だけは感じ取り、うまく付き合っている。それが家康の凄さ。その家康の凄さがわかるように精いっぱい胡散臭く、無責任で、悪知恵が働くイカサマ師を遊ぶように演じていけたらと思っています」と意気込み。

 主演作「平清盛」は視聴率こそ苦戦したものの、高く評価された。「東日本大震災が起こった11年に撮影された『平清盛』では、復興の中で僕ができることはなんだろうと考えながら台本に向き合っていました。その中で得られたものもありますし、逆に失ったものもあったように感じます。14カ月の長い撮影中、ずっと共に平安時代を生きたスタッフの皆さまに支えられ、共演者の皆さまには台本の読み方、声の出し方など、たくさんのアドバイスを頂きました。清盛の壮大な生き方から、大きな苦しみ、そして大きな喜びを体験できたたことは僕の大切な宝物です」と述懐した。

 古沢作品は初出演。「初めて古沢さんの台本を読んだ時、時代劇に感じませんでした。良い意味で裏切られ、僕の中の時代劇のイメージが読み進めていく度にガラガラと崩れ、新しく再構築されていくように感じました。まだ撮影は始まっていませんが、この台本から撮影現場を想像すると、キャスト、スタッフ皆さんがニコニコしながら撮影しているイメージが湧いてきます。楽しみにしています」と自身のクランクインを待ち望んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年6月30日のニュース