×

広川ひかる「これからも竜ちゃんを忘れないで」悲しみの中、ファンへ仲間へ愛と感謝の言葉

[ 2022年5月17日 05:00 ]

上島竜兵さん
Photo By スポニチ

 11日に急逝したお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」上島竜兵さん(享年61)の妻で、ものまねタレントの広川ひかる(51)が16日、上島さんの他界後初めてコメントを発表した。所属事務所の公式サイトに「ファンの皆様 関係各位」と題した文章を掲載。「これからもずっと竜ちゃんを忘れないでください。“芸人上島竜兵”は皆様に愛され大変幸せな人生でした」と愛にあふれた言葉で呼びかけた。

 冒頭では「ご心配おかけしましたこと深くお詫(わ)び申し上げます」とファンや関係者に謝罪。その上で「生前は仲間とお酒を飲むのが好きで先輩や後輩、仕事でお世話になりました皆様にはご厚情を賜りたくさんの思い出を作らせていただいた」「最近ではドラマやCMに出演させていただく機会も増えて本当に喜んでおりました」とし「故人に代わって厚く御礼申し上げます」と感謝した。

 上島さんと広川は1991年に仕事を通じて知り合い、その後交際に発展。共通の趣味のプロレス観戦デートで愛を育み、3年の交際を経て94年に結婚した。上島さんが亡くなる直前に参加した4月25日のイベントでは、広川への思いを吐露。新型コロナ禍で芸人仲間との食事会や集まりが難しくなったと明かし「初めて結婚して良かった、嫁がいて良かったって思いました。俺の文句を聞いてくれるからね」と冗談を交えて感謝していた。

 14日に営まれた上島さんの密葬では、広川が喪主のあいさつを気丈に務めあげた。葬儀に参列したお笑いタレントの有吉弘行(47)はラジオ番組で「一番つらいはずなのに、みんなに声をかけて笑えるようにしてくれた」と明かしている。コメントの最後は「皆様の中に思い出がありましたら、どうぞたくさん笑って、たくさん思い出話をしてほしいです」と結んだ広川。文末には「上島光」と記し、28年間寄り添った伴侶との別れを惜しんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月17日のニュース