×

だいたひかる 乳がん治療再開を報告「子供も生まれたので 怠り無く治療を続けて行こうと思っています」

[ 2022年4月16日 16:47 ]

だいたひかる
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのだいたひかる(46)が15日、自身のブログを更新。乳がんの治療再開を報告した。

 だいたはこの日昼に「今日は久々に、乳がんの事で病院へ 今後の事など話す予定です!」と投稿。「無治療にしてから1年半、乳がんの事は忘れて過ごしていましたが…いよいよ向き合って、より良い方法を見つけたいと思っています!行ってきます」と乳がん治療再開に向けて、病院へ向かうことを明かした。

 その後、夕方には「検査結果」のタイトルで、病院には夫も付き添ったことを明かし、「まずはエコー検査をして、異常なしでした あとはCT検査と血液検査をして、後日に検査結果を聞きに行きます」と投稿。夜には「今日は久々の乳腺の受診で、乳がん治療再開する事に!!以前のんでいた薬も 再び飲みはじめます」と治療再開を報告した。

 さらに「いよいよガン治療を復活して、中断中はガンの事は忘れて…知らぬが仏状態 でも復活して検査が始まると、結果を聞く日が出てくるわけで これは慣れる事が無く…私はガンになったけれど、今まで一度も具合が悪くなった事が無く…(手術して傷口が痛いとか抗がん剤をして怠いとかはありますが)痛くも痒くも無く、自覚症状がないまま告知を受けて手術治療していたので…本当にガンなのかな!?と思う時もあるのですが…それがガンの怖い所で」と吐露。「なので、ガンという現実と向き合い直すのは…凄く楽しい事では無いですが、子供も生まれたので 怠り無く治療を続けて行こうと思っています」とつづった。

 だいたは2013年5月にアートディレクターの小泉貴之氏と再婚。14年から不妊治療を受けていたが、16年1月に乳がんが見つかり治療を中断した。19年3月には乳がん再発を公表。その後、治療を続けていたが、昨年9月に乳がん治療を中断して不妊治療を再開し、昨年5月に受精卵の移植で妊娠したことを明かしていた。今年1月に第1子男児を出産した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年4月16日のニュース