×

「おはスタ」ギネス世界記録認定 初代MC山寺宏一が祝福「ブルコロのレイモンドも喜んでるよ~」

[ 2022年1月19日 09:24 ]

山寺宏一
Photo By スポニチ

 1997年10月にスタートしたテレビ東京の朝の子供向けバラエティー「おはスタ」(月~金曜前7・05)が19日の放送で生放送の回数が5500回に到達。「子供向け生放送テレビ番組の最多エピソード数」のギネス世界記録に認定されたことを受け、初代MCの声優・山寺宏一(60)が自身のツイッターで番組の偉業を称えた。

 番組はこの日、東京・港区の同局第4スタジオから生放送。記録名は「子供向け生放送テレビ番組の最多エピソード数」(Most episodes of a live children's TV show)。公式認定員も生放送に立ち合い、記録達成を見届けた。

 1997年10月1日にスタートし、今年25周年を迎えた「おはスタ」。放送開始から小学生とその家庭の朝を応援してきた。この日が5500回目の生放送(番組としては6207回目の放送)。「世界記録に挑戦中!」としてさまざまな企画を行い、これまでの放送を振り返る映像も流れた。

 山寺は放送終了後、ツイッターを更新。「#おはスタ 5500回放送 ギネス世界一認定 おめでとう!!!!!ブルコロのレイモンドも喜んでるよ~」と祝福した。

 番組では、現在MCを務める“スバにぃ”こと声優の木村昴が「やまちゃん(山寺宏一)、はなちゃん(花江夏樹)、おのちゃん(小野友樹)、そしてこれまでおはスタに携わったみんなを代表して、スバにぃが受け取らせていただきます」と認定証を受け取り、「25年という歴史、この歴史をスバにぃ、感じています」と感動をかみ締め、「おはスタはこれからもおは友のみんながワクワクするような、世界一の朝をお届けしていけるように頑張っていくから、これからも最高の思い出を一緒に作っていこう。1万回を目指して、これからも楽しんでいこうね!」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月19日のニュース