×

声優・鈴木達央 アニメ「魔王学院の不適合者」主役を降板「協議の場を設けましたが…」

[ 2021年12月10日 20:24 ]

鈴木達央(2008年撮影)
Photo By スポニチ

 声優の鈴木達央(38)がテレビアニメ「魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~」の主人公アノス役を降板したことが10日、同作の公式サイトで発表された。

 同作は第2期の製作が発表されていたが、「本作にて、アノス役を演じております鈴木達央さんに関して、事務所様に打診をさせていただき、協議の場を設けましたが、アノス役を降板となりましたことをご報告致します」と報告。

 「鈴木さんにはこれまでアノス役を演じて頂いたことにとても感謝しております」と感謝の意を示し、「また新たなアノス役に関しては追ってお知らせをさせていただきます」と告知した。

 鈴木は今年7月30日に文春オンラインで20代ファン女性との不倫が報じられた。8月4日には、体調不良のため当面の間活動を休止すると発表。また、鈴木の妻の歌手・LiSA(34)も「心身疲労により一定期間の静養が必要と判断」として一部の活動を休止したが、その後復帰している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年12月10日のニュース