×

紗栄子 英国に移った理由 「みんなでmove onしたことは、良かった事なんだろうなって信じてます」

[ 2021年11月24日 10:22 ]

紗栄子
Photo By スポニチ

 モデルでタレントの紗栄子(35)が23日深夜放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(深夜0・40)に出演。英国に活動拠点を移した時のことを語った。

 2017年にファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前沢友作社長と破局を公表。その後、活動拠点を英ロンドンに移し、子供たちは現地の学校に通った。

 激動の人生について「自分でそうなりたかった訳ではないんですけど、それを選択せざるを得なかったというのが自分の体感としてはありますね。人並みには傷つきましたし。(噂やバッシングを)目にしない意識はして生きてはいたけど、どうしても入ってくるとか子供が受けてしまうとかはあって。子供に影響すると 一気に弱くなりますね。子供が、自分のことで生活しにくくなるとか傷ついて帰ってくるのがどうしても辛くて海外に出たってのはあるかもしれない」と明かした。

 海外に移ったことは「その時によかったかどうかはわからないまま過ごしてたけど、数年たって今の彼ら(子供たち)を見てると自尊心が凄く高くなったし、自己肯定力も高くなっている姿を見ると、あの時みんなでmove onしたことは、良かった事なんだろうなって信じてます、今は」と振り返った。

 英国暮らしは「すごい楽しくて。誰も私の事知らないし、自由じゃないですか。鼻ほじって歩いても誰も何も思わないし。映画観た後に一人で泣いて歩いてても別に公になることもない。感情を普段の生活でオープンにして生きていける時期だった。それを謳歌していたところはありました」と回想した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年11月24日のニュース