ケンコバ、「香害」問題を知り絶句 良かれと思って柔軟剤使用も…「そういう方々を傷つけていたとは」

[ 2021年11月24日 22:19 ]

ケンドーコバヤシ
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのケンドーコバヤシ(49)が24日放送のABEMA「ABEMAPrime」(月~金曜後9・00)に出演し「どういう風に過ごせばいいのか…」と頭を抱える場面があった。

 番組では「香害」について特集。においによって体に不調をきたすもので、専門外来も出来るなど、今注目が集まっているという。また、「香害」を訴える人が多い製品のアンケート結果を示し、柔軟剤が86.0%、香り付き合成洗剤が73.7%、香水が66.5%となっていた。

 「香害」は「化学物質過敏症」の一種とも言われ、頭痛・咳・鼻の痛み・めまい・吐き気などの症状があり、ひどくなると寝込んだり、仕事や外出ができなくなったりするケースがあるという。

 このことを初めて知ったケンコバは「僕が柔軟剤とかを使うようになったのは“良かれ”と思ってね。周りの人に不快な思いをさせないように使っていたのが、そういう方々を傷つけていたとは…」と絶句。「あしたから、どういう風に過ごしていいのかわからなくなりましたね」と、頭を抱えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月24日のニュース