AKIRA「各時代、各世代で繋いできて今がある」コロナ渦でのEXILE20周年を迎え、思いを語る

[ 2021年9月28日 17:46 ]

EXILEのAKIRA
Photo By スポニチ

 EXILEのAKIRA(40)が28日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜1・55)にリモートで生出演。EXILEが20周年を迎え、思いを語った。

 MCでフリーアナウンサーの宮根誠司(58)から、「まずはEXILE20周年おめでとうございます」「どうですか、もう20年なのかまだ20年なのか」と振られ、「まだ20年ですね。オリジナルメンバー。HIROさんを筆頭に始まったEXILEなんですけども、各時代、各世代で繋いできて今があると思ってますので、本当に1人じゃ成し得なかったことかなと思いますね」と思いを語った。

 コロナ渦という苦境の中で迎えた、20周年という節目の年。昨年は全てのライブが中止になってしまい、当時の心境についてAKIRAは「僕たち自身の価値とか存在意義というものが本当に突きつけられたと言いますか、考えさせられたと言いますか何より壁にぶち当たったと言いますか…」とコメントした。

 さらに、27日に感染対策を行いながら、観客を入れてのファンイベントを開催したというEXILE。宮根から「昨日はお客様を入れてのイベントということで、久しぶりだったと思いますがいかがでした」と問われ、「やっぱり感動しましたし、ファンの皆さんの顔を見るとライブをしてあげたいなという気持ちでいっぱいですね」「(観客は)一言も声を発さないですね。僕たちが何かこうついふっかけてしまっても、シーンと。綺麗にちゃんとマナーを守って下さってるんで嬉しいかぎりですね本当に。感謝しています」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年9月28日のニュース