「ラジハ2」初回 かが屋・賀屋壮也が月9初出演「猫に引っかかれたくらいの爪あと」ロン毛の放射線技師役

[ 2021年9月22日 06:00 ]

「ラジエーションハウス2~放射線科の診断レポート~」初回で“月9”ドラマ初出演を果たす、かが屋・賀屋壮也(C)フジテレビ
Photo By 提供写真

 お笑いコンビ「かが屋」の賀屋壮也(28)が10月スタートのフジテレビ「ラジエーションハウス2~放射線科の診断レポート~」(月曜後9・00)初回90分スペシャル(4日)にゲスト出演し、同局の看板枠“月9”デビューを果たすことが明らかになった。新人放射線技師役を演じ「テレビで見ていたあの“月9”に出演できると思ってなかったので、うれしいです!」と喜び。「見た方の中で1人でも『あんなロン毛の放射線技師いねぇだろ!』と言う人がいたら、猫に引っかかれたくらいの爪あとは残せた、と言っていいんじゃないかなと思います」と手応えを示した。

 俳優の窪田正孝(33)が主演を務める人気医療ドラマ。2019年4月クールの同枠以来、2年半ぶりの新シーズンとなる。現在、「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名漫画(原作・横幕智裕、漫画・モリタイシ)を原作に、主人公の天才放射線技師・五十嵐唯織(窪田)らが患者の“視えない病”を見つけ出し、命を救う姿を描く。本田翼(29)広瀬アリス(26)ら前作のメンバーも続投する。

 2019年10月期のTBS日曜劇場「グランメゾン東京」などのドラマに出演してきた賀屋。月9ドラマ、フジテレビ系ドラマへの出演は初となった。

 今回演じるのは、広瀬裕乃(広瀬)や小野寺俊夫(遠藤憲一)が働く“ラジエーションハウス”の新人放射線技師役。「テレビで見ていたあの“月9”に出演できると思ってなかったので、うれしいです!」と喜び。「撮影現場で遠藤憲一さんと久しぶりにお会いさせていただいて、遠藤さんがゲストで来られた『ネタパレ』(フジ、金曜後11・40)のお話をしたのですが、遠藤さんはずっと『ネタパレ』のことを“ネタ見せ”と呼ばれていました。番組内容はまさにそうなので、修正せずにそのままお話させていただきました。幸せな時間でした!」と振り返った。

 「見た方の中で1人でも『あんなロン毛の放射線技師いねぇだろ!』と言う人がいたら、猫に引っかかれたくらいの爪あとは残せた、と言っていいんじゃないかなと思います」と手応え。「『ラジエーションハウス2』の一員に一瞬でもなれた、という誇りを胸に、これからの芸能生活を頑張っていけそうです。面白いだけじゃなく、見た後おのおのの生活に影響を与えられるドラマになっていると思いますので、ぜひお楽しみに!」と呼び掛けた。

 19年「キングオブコント」6位、今年「R―1グランプリ」3位の“演技力”に期待が集まる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月22日のニュース