平野ノラ “アムラー”に憧れていた学生時代「私の友達すっごい可愛かった…いつも引き立て役」

[ 2021年9月13日 18:17 ]

平野ノラ
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の平野ノラ(42)が13日、ニッポン放送「ナイツ ザ・ラジオショー」(月~木曜後1・00)に生出演。2018年に引退した歌手の安室奈美恵さん(43)に憧れていた学生時代のエピソードを披露した。

 学生時代の話で盛り上がる中、平野は「アムラーに憧れて、肌も焼きました」と回顧。服装も、メイクも真似したというが「でも、似合わないんですよ。安室ちゃんの顔の小ささの眉毛の細さの比率と、私の顔の大きさの眉毛の細さの比率はやっぱり違うんですよね」。「似合うのは安室ちゃんだけ。1回やって分かりますよね、太い方が似合うなとか。やってみて分かるわけですよ。いったん恥かこうってことですね」と当時を振り返った。

 学生時代は「私の友達すっごい可愛かったんですよ。いつも引き立て役だった」といい「引き立て役の時って面白くなるじゃないですか。ならずにいられないというか、今に生きてるんですけど、そういう担当だった」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月13日のニュース