若槻千夏 夫とは「手をつないだことがない」 夫婦関係を告白「愛っていろんな形」

[ 2021年5月5日 13:57 ]

若槻千夏
Photo By スポニチ

 タレントの若槻千夏(36)が4日深夜放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演。夫との関係について「離婚は100%ない」「何をされても」と言い切った。

 若槻は12年に結婚した夫について「一番最初にやってたブランドの会社の人です。今も一緒の会社やってますよ。結婚するタイミングで前のブランドから独立を一緒にして、(今は)パパが社長でやってもらってます」と説明。「私は一応、デザイナーなので、作りたいものは作って、お金のことは全部見てくれているので、ジャンルが違うので、できるところが違うから、お互いがいないと成立しない関係性だから、私もいなくなったら困るんです」と語った。

 フリーアナウンサーで女優の田中みな実(34)から「もし離別することがあったら?」と聞かれるも、若槻は「離婚ってこと?それは絶対にないかな。まず離婚はない、100%ないですね」とキッパリ。「向こうが離婚したいって言ったら、それはしょうがないかもしれないけど、こっちから言うことは絶対にないです。何をされても」と続けた。

 「何をされても?」「もし愛がなかったとしてもですか?」と質問が飛んでも、若槻は「愛っていろんな形じゃないですか。『一緒に仕事して、一緒に会社大きくしていこうね』っていうのも愛。いろんなパターンの愛として受け取るかな」と語った。

 田中から「スキンシップみたいなものがまったくなくなったとしても?女としての若槻さんをあまり尊重してくれなくなったとしても?」と聞かれても、「ちょっと怖い話していいですか?」と前置きしたうえで「手をつないだことがないんですよ。今に至るまで」と告白。「手をつなぐっていうきっかけがなかったんです。結婚するまで、向こうがすごい配慮してくれてて、そういう立場じゃないみたいな感じで、外でデートする時もちょっと離れるぐらい、むしろマネジャーさんぐらいの感覚、まわりからしたら…」と説明。「結婚したタイミングで、子どももできて、そこから子どものことでいっぱいになっちゃって、タイミング逃して、結婚したら外で『手をつなごう』とか思ってたんですけど、そのタイミングが全部なくなって、気付いて今に至るみたいな」と続けた。

 若槻は12年1月にブログで夫との結婚を発表。同年6月に長女、17年4月に長男を出産している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月5日のニュース