石田純一 吉村府知事の大阪市内聖火リレー中止論に「政治家の主張というか…そういうのも見え隠れ」

[ 2021年4月1日 17:36 ]

俳優の石田純一
Photo By スポニチ

 俳優の石田純一(67)が1日、木曜コメンテーターを務める文化放送「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」(月~金曜後3・30)に生出演。東京五輪の聖火リレーの大阪市内での開催についてコメントした。

 先月25日に福島からスタートした東京五輪の聖火リレーは、栃木、群馬、長野と走行し、2週間後は大阪で予定されている。大阪府の吉村洋文知事(45)はこの日、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」(まん防)を政府が大阪市内に適用した場合、外出自粛をお願いすることになるとして「市内での東京五輪の聖火リレーは中止すべき」と府庁で記者団に述べた。最終的には大会組織委員会の判断になるとしたうえで、大阪府としての考えは持っておくべきだと強調し、大阪市の松井一郎市長(57)も吉村知事に同調。これを受けて大会組織委員会は「対応が決まり次第、お知らせるする」とコメントし、現段階で最終的な運営方法は決まっていないという見解を示しているという。

 これに石田は「難しいですね。なんか政治家の主張というか、そういうのも見え隠れしているし、もっともだと思うところも多いですけども、どうなるんですかね」とコメント。新型コロナウイルスの感染が再拡大している大阪の現状を懸念したうえで、「大都会の東京と大阪がこういうことになってくると、これがまた地方にいくということになってしまうので。もう懸念どころじゃなくて現実になりつつありますよね」と私見を述べた。

 パーソナリティーの斉藤一美アナウンサー(53)が栃木で行われた聖火リレーで、ゴール付近に多くの観客が詰め掛けたことを例に挙げて、「ましてや大阪だと大変なことになる。それならば大阪はルートを縮小して、市内は止めたほうが良いというのは当然の考えではにないか?」とコメントすると、石田は「そうですよね」と深く同調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月1日のニュース