「ザブングル」解散 松尾陽介が「アメトーーク!」で芸能界引退の理由を語った

[ 2021年4月1日 23:52 ]

3月いっぱいで解散したザブングルの松尾陽介(左)と加藤歩
Photo By 提供写真

 1日に放送されたテレビ朝日「アメトーーク!」(木曜後11・15)に3月いっぱいで解散したお笑いコンビ「ザブングル」のツッコミ担当の松尾陽介(44)が出演した。

 番組の恒例企画「運動神経悪い芸人」で、最も運動神経が悪い「ガチ王」の異名を取っていた松尾が芸能界を引退。それを受けて番組は「さよならガチ王」として緊急企画を行った。

 スタジオに登場した松尾にMCの蛍原徹(53)は「引退の経緯というか、ちょっといいですか?」と聞いた。松尾は「やっぱり、世の中の状況が色々と変わっている中で、あと年齢も大きいですかね」と切り出した。「僕44歳で今年45歳なんですけど、今後の人生を考えた時に辞めるという選択肢もあるんじゃないかなと」と経緯を語った。

 また「そして今までのことは決して別に無駄なことではないと思うので、次に生かせるのは今かもしれないなと体力的にもと思って決めました」と引退を決断した理由を語った。

 引退後については多方面から仕事の誘いの話をもらっている松尾は「その中から色々やりつつ、今からまとめていこうかなと。仕事にしていこうかなと」と今後の構想を明かした。共演者から「芸能っていうことですか?」と声が上がると「タレントさんブッキングみたいなのも、お願いされたりします」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月1日のニュース