「R-1グランプリ2021」ゆりやんレトリィバァが涙の優勝!「THE W」に続いて2冠

[ 2021年3月7日 20:54 ]

「R-1グランプリ2021」で優勝し涙を流す、ゆりやんレトリィバァ(C)カンテレ
Photo By 提供写真

 ピン芸人日本一を決める「R-1グランプリ2021」の決勝戦が7日行われ、お笑い芸人のゆりやんレトリィバァ(30)が優勝し、賞金500万円を獲得した。

 ファーストステージでは「ウザい女性社員」をモチーフにしたコントを披露。審査員のホリ(44)は「どんどん引き込まれていきましたね」と絶賛。666点の高評価を得て、予選2位でコマを進めた。

 ファイナルステージでは「ダイエットのインタビュー」を題材にしたコントで爆笑をさらった。トロフィーを抱いたゆりやんは号泣しながら「みなさんのおかげです、ありがとうございました。“辞めさせていただきます”!」とコントのボケに被せて笑いを誘った。17年の「THE W」に続いて2冠の女王の誕生となった。

 同大会は2002年に初開催され、19回目となる今回は出場規約が変更。参加資格はプロが芸歴10年以内、アマチュアは出場10回以内になった。大会名も「R―1グランプリ」とカタカナ表記になるなどリニューアル。審査方法も変わり、新たな「R―1」のスタートとなった。

 参加者2746人の中から、決勝戦はZAZY(32)、土屋(28)、森本サイダー(31)、吉住(31)、寺田寛明(30)、賀屋(27)、kento fukaya(31)、高田ぽる子(22)、ゆりやんレトリィバァ(30)、復活ステージ1位のマツモトクラブ(44)で競われた。

 【R―1ぐらんぷり歴代優勝者】第1回(02年)だいたひかる/第2回(04年)浅越ゴエ/第3回(05年)ほっしゃん。/第4回(06年)博多華丸/第5回(07年)なだぎ武/第6回(08年)なだぎ武/第7回(09年)中山功太/第8回(10年)あべこうじ/第9回(11年)佐久間一行/第10回(12年)COWCOW・多田健二/第11回(13年)三浦マイルド/第12回(14年)やまもとまさみ/第13回(15年)じゅんいちダビッドソン/第14回(16年)ハリウッドザコシショウ/第15回(17年)アキラ100%/第16回(18年)濱田祐太郎/第17回(19年)霜降り明星・粗品/第18回(20年)野田クリスタル

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月7日のニュース