小木博明 思わず注意したホラン千秋の私服「なんちゅうの履いてんだよ」

[ 2021年3月7日 10:45 ]

「おぎやはぎ」の小木博明
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(49)が4日深夜放送のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」(木曜深夜1・00)に出演。タレント・ホラン千秋(32)の私服センスをイジりまくった。

 ホランについて、小木は「地味だからな、なんせ。格好も地味だし、もうひどいんだから」と、あきれ気味にコメント。「食事会の時にビックリしたのが、ナイキの靴下履いてた時。『ホラン、お前なんちゅうの履いてんだよって』って1回注意した、そこで。くるぶしぐらいまでのナイキの靴下を履いてんの」と着用していた靴下に衝撃を受けたエピソードを明かした。

 相方・矢作兼(49)もホランの私服イジリに参戦。「クリント・イーストウッドが被ってそうな帽子被ってて、浅いキャップ。それで黒っぽいジーパンをロールアップして。黒っぽいダスティン・ホフマンが着てそうなブルゾン着て。で、ナイキのソックス履いて」と着こなしを思い出して笑うと、小木も「そう。だから、ヤバイんですよ。色気が一つもないんですよ、普段」とイジリが止まらなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月7日のニュース