堺正章 芸能界で3人消した!? フワちゃんは「何度殴ってやろうかと」

[ 2021年2月28日 22:24 ]

タレントの堺正章
Photo By スポニチ

 タレントの堺正章(74)が28日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に出演。22歳年下の妻とのエピソードなどを語った。

 5歳の頃から子役で芸能活動を始め、歌手、俳優として活躍してきた堺は、芸能界で「僕に対してあんまりいい態度じゃないと3人消しました」と冗談を飛ばし、いつも“タメ口”のフワちゃんには「何度殴ってやろうかと思った」と笑ってみせた。

 そんな堺がビビる相手は、妻の敦子さん。9年前に3度目の結婚をしたが、髪形が変わったり、新しい洋服を着ている時もまめに声をかけるようにし、怒りたいときも「グッと抑えて」いると強調。「自分の意見を相手に全部押し付けて生活していた」という過去2度の離婚という苦い経験から、「夫婦というのは他人同士。それぞれの意見があっていい。相手を尊重するということに気が付いた」と話した。

 敦子さんは番組に手紙を寄せ、夫の優しさに感謝しながらも「とにかく物を捨ててくれないので困っています。あの大量の服とVHSテープどうするんですか?」と苦言も呈していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月28日のニュース