TBS「スーパーサッカー」28年の歴史に幕 幹部「一定の役目を終えた」

[ 2021年2月16日 14:17 ]

TBS社屋
Photo By スポニチ

 TBSは16日、4月期の改編説明会をオンライン形式で行い、日曜深夜枠で放送している同局のサッカー情報番組「スーパーサッカー」が終了すると発表した。

 同番組は1993年10月からTBS「スーパーサッカー Jリーグエクスプレス」(土曜深夜0時)としてスタート。その後、放送枠、放送局を変更しながらも、約28年間、続いてきた長寿番組。MCはお笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)が2001年10月からメインMCを務めている。

 現在、土曜深夜と日曜深夜に放送中の「S☆1」の放送枠を拡大する。土曜深夜の放送が午後0時からの1時間となる。

 三島圭太編成部企画総括は「総合的な判断で長きにわたって貢献してまいりましたが、一定の役目を終えたということで、スーパーサッカーとしては終了とさせていただきました」と終了について説明。「サッカー自体をTBSでやらないというわけではなく、拡大される『S☆1』などでもサッカーの情報を扱っていくので、引き続き、サッカーファンの方はを『S☆1』をご覧になっていただけたら」とした。

 瀬戸口克陽編成局長は「これまでご覧いただいて視聴者の皆さんには感謝を申し上げます。出演者の皆さま、関係者、スタッフの皆さまにも御礼申し上げます」とあいさつした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月16日のニュース