恵俊彰 森且行の日本選手権Vに「SMAPもある意味、日本一。それぞれの道で」

[ 2020年11月4日 12:26 ]

恵俊彰
Photo By スポニチ

 タレントの恵俊彰(55)が4日、MCを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。オートレーサーの森且行(46=川口)が3日に埼玉・川口オートレース場で行われたSG「第52回日本選手権オートレース」の最終日12R優勝戦(優勝賞金1700万円)で1着となったことについてコメントした。

 現在5つあるオートレース最高峰のSG(スーパーグレード)競走で悲願の初優勝で、優勝戦進出は通算4度目だった。96年にSMAPを脱退し、日本中を驚かせてから24年、ついにオートレース日本一の称号を獲得した。デビュー24年目でのSG制覇は史上最遅。だが、トップのS級で活躍しつつ、トークショーなどのイベントを精力的に行い、低調傾向にあるオートレース業界を支えてきた。

 恵は、森が脱退する前のSMAPとレギュラー番組で共演したことがあると言い「こうやって考えるとあらためて、すごい人なんだなと」と称えた上で、「やっぱりグループを離れる時は、SMAPっていう選択肢も大きいと思いましたけど、時間はかかったけれど自分が目指している道をしっかり歩み、そこで日本一になる。SMAPもある意味、日本一なんでしょうけど、これはお互いうれしいでしょうね、それぞれの道でっていうのは」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月4日のニュース