「ザ・ゴールデン・カップス」マモル・マヌーさん死去 71歳 心筋梗塞

[ 2020年9月9日 05:30 ]

「ザ・ゴールデン・カップス」のマモル・マヌーさん
Photo By スポニチ

 グループサウンズ「ザ・ゴールデン・カップス」のドラムス兼ボーカルとして活躍したマモル・マヌー(本名三枝守=さえぐさ・まもる)さんが1日に心筋梗塞のため亡くなった。71歳。横浜市出身。葬儀は近親者のみで行う。後日、送る会を予定している。

 故デイヴ平尾さんに誘われ、67年にゴールデン・カップスでデビュー。「長い髪の少女」や「愛する君に」などのヒット曲を生み、甘いルックスでも人気を集めた。グループは17年にフジロックフェスティバルに出演するなど精力的に活動していた。

 ▼ミッキー吉野(ザ・ゴールデン・カップスのキーボード担当)僕にとって、ザ・ゴールデン・カップスは青春そのものでした。その中でマモルは、言葉は少ないけれど、優しくて、カッコいい3つ年上の兄貴でした。とにかく悲しいです。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月9日のニュース