よゐこ・濱口 驚がくの方向音痴エピソード、京都に向かうも「着いたらなぜか奈良だった」

[ 2020年9月9日 22:39 ]

「よゐこ」の濱口優
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、よゐこ・濱口優(48)が9日放送のフジテレビ「ホンマでっか!?TV SP」(後9・00)に出演。共演者驚がくの方向音痴エピソードを明かした。

 「方向音痴芸能人大集合」のコーナーで、ゲストとして登場した濱口。具体的な出来事として、若手のころの営業での出来事を語り始めた。京都での仕事に「いろいろあって遅れてしまった」という濱口は、相方・有野晋哉(48)から「お前、はよ来いや!」と電話があったと回想。

 その後、大坂から慌てて出発した濱口は、「京都に向かうんですけど、向かってたどり着いたらなぜか奈良だったんですよ」と打ち明けた。番組MCの明石家さんま(65)は「それ、方向音痴のレベルちゃうよな」と指摘した。

 真顔の濱口は「京都と奈良が一緒くたになっているというかイメージでとらえていて」と独自の見解を披露。自身の遅刻が原因で「営業先にたどり着いたら相方がいろんな師匠から怒られて泣いていたんですよ」とも話し、申し訳なさそうだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月9日のニュース