Mrs. GREEN APPLE 活動休止を発表 独立し新体制 新たなフェーズへオーディション開催

[ 2020年7月8日 21:11 ]

昨年の全国高校サッカー決勝の青森山田―流通経大柏の試合前、応援歌を歌うMrs. GREEN APPLE
Photo By スポニチ

 ロックバンド「Mrs. GREEN APPLE」が8日、公式ホームページで活動休止を発表した。この日発売したベストアルバム「5」をもって「フェーズ1」を完結するとしていた。

 また、独立し新体制を立ち上げ、フェーズ2のスタッフなどをオーディションによって募集することも発表した。

 Mrs. GREEN APPLEは2013年に結成。15年にミニアルバム「Variety」でメジャーデビュー。バンド名は、リンゴが赤く熟す前の緑色に「初心を忘れない」という意味を込めて命名。愛称は「ミセス」。ボーカルの大森元貴(23)をはじめ、ギターの若井滉斗(23)、ベースの高野清宗(28)、キーボードの藤沢涼架(27)、唯一の女性でドラムスの山中綾華(25)の5人組。フィギュアスケート五輪連覇の羽生結弦(25)も愛聴していることで知られる。

 発表全文は以下の通り。

Mrs. GREEN APPLEは本日2020年7月8日(水)をもちまして「フェーズ1完結」を宣言し、当面の間、活動休止となります。
それは同時に、新たなフェーズへ向かうことを意味します。

また、Mrs. GREEN APPLEは前所属事務所から独立し、新しい体制となります。

さらに、”Project-MGA”を立ち上げ、フェーズ2をともに旅するクリエイターやプロジェクトスタッフなどのCREWを募集するオーディションを開催いたします。
Mrs. GREEN APPLEと一緒にワクワクとドキドキを創造していくアツい想いをお持ちの方と出会うためのオーディションです。
詳細は近日発表いたします。

新たなフェーズの開幕まで、期待してお待ちくださいませ。

Project-MGA

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月8日のニュース