武田修宏 現在は恋人なし…毎日自炊で「作ってくれる人もいない」 “日課”電話の相手は松村邦洋

[ 2020年6月30日 14:39 ]

「シック ハイドロボディ ライザップコラボキャンペーン」記者発表会に出席した武田修宏
Photo By スポニチ

 元サッカー日本代表でタレントの武田修宏(53)が30日、都内で行われた「シック ハイドロボディ ライザップコラボキャンペーン」記者発表会に出席し、現在は特定の恋人がいないことを打ち明けた。

 ムダ毛に関するトークで、モデルでタレントのゆきぽよ(23)が「ツル男の方がいい。一緒にゴロゴロしてて、ジョリジョリ当たったりしたら、『痛い。あっち行って。離れて』となる」と、男性の身だしなみの重要さを力説。すると武田は「確かに。彼女がいた時は、『ヒゲがツンツンして痛い』ということはあった」と明かした。

 緊急事態宣言下の外出自粛期間も、客がほとんどいない朝に買い物に行き、毎日自炊する日々だったという。「3カ月間、誰とも会わなかった。53歳の誕生日(5月10日)も1人でしたし。朝ランニングしたり、料理をしたり。外食がダメですから。作ってくれる人もいないし」と、希代のモテ男も現在はフリーであることを強調した。

 お笑いタレント松村邦洋と電話で1時間、話すのが日課になっていたという。武田が「独身ですから。また婚期が遅れますね」とつぶやくと、ゆきぽよが「まだ婚期ある?」といじり、すぐさま「すみません!」と謝っていた。

 自粛期間中はJリーグも休止だったが、過去の映像が多く流され、自分が登場したことがうれしかったという。武田が「昔、俺すごかったんだよというのが(見られて)僕にとってはうれしい」と笑顔を見せると、武田の現役時代を知らないゆきぽよは「昔すごい人っていうのは知ってます」と、身もふたもないコメント。武田も苦笑いしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月30日のニュース