オードリー若林、15歳年下と交際3カ月婚 決め手は「ご飯食べに行って店員さんに頼んでるときに…」

[ 2019年11月24日 02:30 ]

「オードリー」若林正恭
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「オードリー」若林正恭(41)が23日深夜、ニッポン放送「オードリーのオールナイトニッポン」(土曜深夜1・00)に生出演。22日に15歳年下の一般人の女性と婚姻届を提出し、結婚したことを生報告した。

 若林は春日にも知らせておらず、番組でサプライズ報告。冒頭からネタっぽく話していたため、春日も真偽がわからずにいたが、若林は結婚は本当だと報告。「安藤なつと壇蜜さんと同じでいい夫婦の日に(婚姻届を)出した」とキッパリと話した。

 お相手とは今年3月に知人の紹介で知り合い、8月に付き合い始めたという。交際は若林から申し込み「だらだら付き合うつもりはない。かなり本気で、俺と付き合ってくれるか」と告白の言葉も赤裸々に語った。1カ月前から同棲しているといい、春日は「だから引っ越しをされたのね。散りばめられてんな~」と驚いていた。

 交際3カ月でのスピード婚となった相手の女性については「15歳離れてるのよ」と26歳であるといい「看護師をやってんのよ」とも明かした。好きになった決め手について「たくさんあるけど、ご飯食べに行って店員さんに頼んでるときに、頼んでる人の両腕をつかんで揺らすのが好きなんだけど、それを笑った人はいないのね。それを笑ったのよ」と独特のコメント。今年5月に結婚した“先輩”である春日は「感覚が似てるってことなんだろうね。それはでかいよ!」と“先輩風”を吹かせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月23日のニュース