小林麻耶 TBS退社の決断は「すごく悩みました」不仲説は否定

[ 2019年9月8日 10:57 ]

フリーアナウンサーの小林麻耶
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの小林麻耶(40)が8日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。同局を退社した当時の心境を告白した。

 番組では、「関ジャニ∞」錦戸亮(34)がグループを脱退し、9月末でジャニーズ事務所を退所することについて特集。

 これを受け、お笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二(54)から「TBSを退社するという大きな決断をした時は、どんな心境だった?」と問われると、「すごく悩みました」と小林アナ。「TBSのことは大好きですし、TBSのアナウンサーだからこそ仕事が出来ていたという部分があった」と感謝の気持ちもあったとし「TBSという大きな看板がなくなったときに、仕事が出来なくなってしまうってこともあったんですけど、最終的に自問自答を続けて、アナウンス部から離れることを決めました」と明かした。

 すると、太田光(54)が「やっぱり青木(裕子)さんとの不仲…」と、退社の原因をジョーク交じりに推測すると、小林アナは「そんなことないです」と慌てて否定していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月8日のニュース