将棋ユーチューバーの折田アマ、プロ棋士編入挑戦 夢への道配信も

[ 2019年8月31日 05:30 ]

将棋のプロ棋士編入試験の受験を表明し、取材に応じる折田翔吾アマ
Photo By スポニチ

 将棋の元奨励会員で、将棋ユーチューバー「アゲアゲ」として活動する折田翔吾アマ(29)が30日、プロ公式戦で勝利を収め、直近の成績を10勝2敗としてプロ棋士編入試験の受験資格を満たした。対局後には受験の意思を表明。「厳しい戦いになる。注目されると思うので、合格を目指していい戦いをしたい」と意気込んだ。

 折田アマはプロ入りの2枠を争う奨励会三段リーグに5年間10期在籍したものの力及ばず、16年3月に26歳の年齢制限で退会。「一つの人生が終わった、死んだのに近い感覚」と絶望を味わった。その後は将棋講師として活動しながらアマ大会で好成績を収め、出場資格を得た一般棋戦の銀河戦でプロ棋士相手に7連勝を挙げる活躍。「最初は遠い夢だった。でも7連勝して(編入を)意識するようになった」と目標を定めた。

 ユーチューブに「アゲアゲ将棋実況」というチャンネルを持ち、自身のネット対局に解説を加えた動画などを投稿。登録者数は3万人を超える。由来は「自分のキャラと逆の名前を思いついた」といい、時には歌声も披露する。「前向きな気持ちで将棋に取り組めるようになった。見てくれる方の応援がモチベーションになる」。ネット対局やソフトを使った研究を続け、再び夢の入り口に立った。

 プロ編入試験は05年、アマで好成績を収めていた瀬川晶司六段(49)が特例で受験し合格。瀬川六段の自伝「泣き虫しょったんの奇跡」は昨年、映画になった。翌06年に制度化されて以降、資格を満たしたのは折田アマが4人目。受験は14年に合格した今泉健司四段(46)以来2人目で「今泉先生の戦いも参考にして自分の戦いに生かせれば」。今回の10勝にはくしくも、奨励会退会から再起して夢をかなえた先輩2人からの勝利が含まれている。

 試験は11月から月1局ずつ若手棋士5人と5番勝負を戦い、合格には3勝が必要。自身の挑戦の動画配信にも「そうできればうれしい」と意欲を示した。

 ◆折田 翔吾(おりた・しょうご)1989年(平元)10月28日生まれ、大阪府出身の29歳。2004年10月、森安正幸七段門下で奨励会入会。11年4月から三段リーグに参戦し、通算10期で69勝111敗、最高20位。16年3月、年齢制限により退会。17年全国アマ王将位大会準優勝。13年詰将棋解答選手権3位。大阪市在住。

 ▽将棋プロ棋士編入試験 受験資格はプロ公式戦で直近成績が10勝以上、かつ勝率6割5分以上(5敗以下)の成績を収めたアマチュアまたは女流棋士。新四段5人と5番勝負(持ち時間3時間)を戦い、3勝で合格。受験料は税別50万円。

 ▼今泉健司四段(介護士などを経て編入試験合格)頑張ってほしい。奨励会のような重圧はなかったと思うが、ここからは重圧がある。初戦が大切。自分は劣勢から逆転できたけど、勝てないと難しくなる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月31日のニュース