桂小文枝が衝突事故、相手車両の女性入院「深くおわび」

[ 2019年8月20日 05:30 ]

桂小文枝
Photo By スポニチ

 落語家の桂小文枝(68)が車を運転中に交通事故を起こしたことを19日、所属する吉本興業が発表した。

 小文枝は13日午後5時半ごろ、知人の車を運転して帰宅する途中、兵庫県神戸市内の交差点を右折する際に前方から来た直進車と衝突した。相手車両に乗っていた男女2人のうち女性が病院へ搬送され、今も入院中。小文枝と、同乗の知人3人にケガはなかった。小文枝は「私の不注意でこのような事故を起こしてしまいました。先方にご迷惑をお掛けしたことを深くおわびするとともに、一日も早いご退院をお祈りしております。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪している。

 今年3月12日に「四代桂小文枝」を襲名。現在も襲名披露公演として全国を回っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月20日のニュース