AKB48チーム8佐藤七海が卒業発表「この世界から1歩飛び出して」 芸能活動にピリオド

[ 2019年8月9日 22:20 ]

AKB48チーム8の佐藤七海
Photo By 提供写真

 アイドルグループAKB48の都道府県代表で結成されるチーム8の岩手県代表メンバー佐藤七海(19)が9日、動画配信サービスSHOWROOMの生配信で、グループ卒業を発表した。配信前から「すこし発表があります。(見に)きてね!!!」と告知していた。

 配信では「私、佐藤七海はAKB48を卒業します」と発表し、「メンバーの卒業だったり、環境が変わったりして、私もこの世界から1歩飛び出して、アイドルではないことをしたいなと思いました」と理由を打ち明けた。「もうこれ以上やりたいことはないなと思いました」と完全燃焼を口にし、今後については「今は芸能界(での活動)はしないつもりです」と、芸能活動にいったんピリオドを打つ方向だという。

 佐藤は14歳だった14年4月、AKB48チーム8の初期メンバーとして活動をスタートし、握手会での神対応から人気を博した。18年には体調不良を理由に活動を休止したが、同年4月に復帰。舞台での振り切った演技などで存在感を示した。今月8日には、チーム8全国ツアーの大阪公演に出演したばかりだった。最終活動日などは未定で、9月に予定されている舞台「Bee School」には出演する。

 SHOWROOMでの報告後、ツイッターでは「先程ショールームで卒業発表させていただきました。5年半沢山沢山ありがとうございました! アイドル人生に悔いはないです!ただみんなの事が大好きです!最後までよろしくお願いします!」と投稿した。

 佐藤の卒業発表を受け、運営会社のAKSは、同県の新メンバーを決めるオーディションを行うと発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月9日のニュース