玉川徹氏 悪化する日韓関係に「韓国反日だとか言ってる人は韓国に行ったことあるんだろうか」

[ 2019年8月8日 10:30 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の玉川徹氏が8日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に生出演。悪化している日韓関係について言及した。

 玉川氏は「政府は支持率も含めて思惑を持って動きますよ。だけど、国民同士ってことで考えると、国民もいろいろあるんですけどね、僕も韓国の人たちは日本のことが嫌いなんだろうなって思ってました。だから本当にそうなのかと思って実際に取材に行ったんですよ。そうしたら全然そんなことなかったんです」と指摘。その上で「どうしても歴史問題があってトゲのようなものは引っかかっているけれども、日本のことが好きな人ばっかりですよ、というふうな話を聞くし、実際にいろんな話を聞いてもそうでした」と自らの取材を基にした私見を述べた。

 そして「国と国ってことになるとこういう感じになっちゃうんだけど、人と人だったらそんなことないわけですよ。例えば、僕が韓国に行っていろいろ取材した時にもそういうふうに感じるっていうふうなことを考えると、逆もまた同じことなんだろうなって。だから実際に韓国に行って韓国の人と直接話をしたりすれば全く印象変わりますよ。だけど、日本の中でもそれこそ反日だ、韓国反日だとか言ってる人は韓国に行ったことあるんだろうかと。韓国の人と直接に触れあったことがあるんだろうかと僕は思いますね」と話した。

 羽鳥慎一アナウンサー(48)も「そうですね。不買運動しましょうという旗を、いやいやそれを降ろした方がいいよって言ったのが韓国市民なわけですから」と同調した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月8日のニュース