「霜降り明星」せいや“コンビ内格差”嘆く「そんなんばっか」 粗品は「神」なのに…

[ 2019年7月2日 11:15 ]

「霜降り明星」せいや(左)と粗品
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品(26)と、せいや(26)が6月30日放送の日本テレビ系「おしゃれイズム」(日曜後10・00)に出演。早くも生じているコンビ内格差について明かした。

 4月から活動の拠点を東京に移し、各局からも引っ張りだこの2人。番組MCの「くりぃむしちゅー」上田晋也(49)が「どっちが人気とか、格差みたいのはあるの?」と尋ねると、粗品は「ファンの方とか通行人とか、上から『おい!』って言われるのは、こっち(せいや)の方が圧倒的。僕はあまりなめられない」と現状を説明し、せいやも同調して、ファンの反応の違いについて説明し始めた。

 「競馬の番組をやらせていただいているんですけど、粗品はすごい人気があって『粗品さんの予想に乗っかります!』『粗品神はそれがご所望なんですか』とか敬われてるんです。僕は『せいや、お前がなんで上から予想してんだ』『お前が走れや』って」と、その差を明かし、「なんで俺が走らなあかんの。1400(メートル)とか走れるか!」と毒づいた。

 さらに、街中でも同じような思いをしているとも。粗品には「応援してます」と声が掛かるが、自身には「おばちゃんが『あんた、私の話、しすぎ!しすぎ!』って」と詰め寄ってきたとし「したことないんですよ。怖い。そんなんばっかです」と嘆くばかりだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月2日のニュース