先輩芸人の誘い断り切れず…ザブングルも謹慎 ワタナベエンタが処分

[ 2019年6月25日 05:30 ]

ザブングルの松尾陽介(左)と加藤歩
Photo By 提供写真

 吉本興業の芸人が「闇営業」で処分された問題で、ワタナベエンターテインメントは24日、同じ場に参加していたとして、お笑いコンビ「ザブングル」の松尾陽介(42)と加藤歩(44)を当面の間、謹慎処分にすると発表した。

 2人は14年、宮迫や田村らと同じ詐欺グループの忘年会に参加。これを報じた週刊誌の写真にも2人とみられる男性が宮迫らと一緒に写っていた。2人は同社のヒアリングに対し「番組などで日頃お世話になっている他事務所の先輩芸人の方からお誘いをいただき、お断りすることは失礼にあたる」などと判断し、会合に参加したと説明。反社会的勢力の主催との認識はなく、ギャラはその先輩芸人から直接、現金で受け取ったという。

 2人は「確認不足、認識の甘さにより、このようなことになり本当に申し訳ございません」と謝罪している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月25日のニュース