WANIMA 劇場版「ONE PIECE」主題歌担当 同郷の尾田栄一郎氏と待望タッグ

[ 2019年6月14日 06:00 ]

「ワンピースとともに生きてきた」と表現するほど大ファンの「ONE PIECE」の劇場版で主題歌を担当することになったWANIMA。左からFUJI、KENTA、KO-SHIN
Photo By 提供写真

 ロックバンド「WANIMA」が劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」(8月9日公開)の主題歌を担当することになった。

 メンバー3人とも1997年の連載開始時から原作漫画を読み続け「ワンピースとともに生きてきた」と自負する大ファン。アニメの仕事は初めてで、ワンピースからのオファーを待ち望んできた。

 タイトルは「GONG(ゴング)」。WANIMAらしい疾走感あふれるハードロックナンバーだ。♪広い海を今日も進む 信じた思いが旗を掲げて…と、海洋冒険物語らしく大海原を想起させるフレーズが随所に登場する。

 作詞作曲したボーカルのKENTA(31)は「オファーがあった時は立ち上がって喜んだ。制作中にワンピースのキャラクターが頭の中で動き出して夢にも出てきた」と興奮気味に振り返った。制作前に原作を1巻から最新92巻まで読み直すほどの熱の入れようで「誰が聴いてもワンピースの主題歌だと思ってもらえるように音と向き合った」と渾身(こんしん)作に仕上げた。
 
 バンドの個性である「熱さ」はワンピースに影響を受けている。KENTAは「諦めないこと、近道をしないこと、ワンチャンスを逃さないこと。僕らの音楽スタンスはワンピースから学んだことが多い」と言い切る。

 自身は単行本の全巻セットを2つ、ドラムスのFUJI(32)は電子書籍コミックで全巻を所有。ギターのKO―SHIN(30)に至っては、好きなキャラクターのゾロと同じ髪形にして色も同じ緑に染めた。

 主題歌は7月17日発売のシングル「Summer Trap!!」のカップリング曲の中の1曲。主人公ルフィらキャラクターがコーラスで参加している。

 3人とも原作者の尾田栄一郎氏(44)と同じ熊本県出身。KENTAは「お会いして、あふれる思いを伝えたい」と対面を心待ちにしている。

 《始まりの場所で宣伝写真を撮影》最新の宣伝用写真はゆかりの深い東京・神宮前のブランドショップ「LEFLAH(レフラー)」で撮影した。2014年に初めて宣伝用写真を撮った「始まりの場所」だ。ルフィらの手配書に加えメンバーのものも。KENTAは「手配書はうれしい。経験できるものじゃない。WANIMAやってて良かった」と感激した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月14日のニュース