“山の神”柏原氏と八木アナ 生ラジオで結婚後初共演、初キスは「昨年11月…」と告白 

[ 2019年4月22日 20:25 ]

アメリカンフットボールチーム「富士通フロンティアーズ」のマネジャーを務める柏原竜二氏
Photo By スポニチ

 東洋大時代に箱根駅伝の山上りの5区で活躍し“山の神”と呼ばれた柏原竜二氏(29)とBS11の八木菜緒アナウンサー(33)が22日放送の文化放送ラジオ「岩本勉のまいどスポーツ」(後6・00)に生出演した。

 2人は今月16日に双方のツイッターで結婚を発表したばかりで、そろってメディアに登場するのは結婚後初めて。パーソナリティーで野球解説者の岩本勉氏(47)は「2人、純情ぶって…。この番組がきっかけやった。きょうは根掘り葉掘り聞いてまうからな」と宣言し、新郎新婦の2人をゲスト席に招いた。

 八木アナは同番組の前アシスタント、柏原氏は同番組に箱根駅伝解説などのゲストで11回出演した顔なじみ。

 「めでたさひとしお」と祝福した岩本氏は「いつの間に、チュッチュしたんや」と2人の“初キス”に興味津々。柏原氏が「それはご想像にお任せします」と言葉を濁したが、「どうなの?何回目のデートで?」と追及の手を緩めない。柏原氏が「何回目と言われても…ほとんでデートしてないので」と返答に困ると、「えーっ、いきなりジョイント?」と下ネタを炸裂させた。

 柏原氏によると、付き合い始めたのは昨年10月ごろだったが、2人とも多忙でめったに会えない。「これじゃダメ」と時間をつくって食事に行ったといい、「チューしたのは11月ぐらい」と告白した。岩本氏が「場所は?」と突っ込むと、「それは言えません。2人の思い出ですもん」とやんわり拒否した。

 一方、新婦の八木アナ。岩本氏から「どこに惚れた?」と聞かれ、「優しさ」と即答した。「私だけではなく、周りの家族や友達にも優しい」といい、ルックスについては「クシャと笑った笑顔が好き」とノロけた。 2人は「菜緒ちゃん」「竜くん、たまにダーリン」と呼び合っているという。

 番組では、柏原氏の東洋大学時代の恩師、酒井俊幸監督(42)と、2人と親交のある西武ライオンズの秋山翔吾選手(31)からの祝福メッセージも披露した。

 4歳年上の“姉さん女房”となる八木アナは「この番組で素敵な出会いをいただき、ありがとうございました」と、リスナーを含む関係者に感謝の言葉を伝えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月22日のニュース