テレ東、新企画は“変なのぜんぶ見る” MC・長嶋一茂も絶賛「斬新なアイデア」

[ 2019年1月18日 07:00 ]

テレビ東京「新幹線の窓から見えた あの“変なの”何だ!?」に出演する(左から)徳井義実、滝沢カレン、長嶋一茂、北乃きい、伊集院光(C)テレビ東京
Photo By 提供写真

 テレビ東京日曜ビッグバラエティ枠の新企画「新幹線の窓から見えた あの“変なの”何だ!?」(後7・54)が20日に放送される。

 大ヒット企画「池の水ぜんぶ抜く大作戦」を生み出した日曜ビッグバラエティ枠の新企画は、新幹線の車窓から見えた「変なもの」を確かめにいく新感覚バラエティー。番組スタッフが東京発―新大阪行きの東海道新幹線に乗り込み、「A席」(海側)から見える「変なもの」を見つけ、最寄り駅で降車し正体を調査する。

 キリンの形をした建造物や、謎の白い看板などの正体を、MCの長嶋一茂(52)をはじめとする出演者がクイズ形式で予想。進行役はチュートリアル・徳井義実(43)が務め、伊集院光(51)、北乃きい(27)、滝沢カレン(26)が回答者として出演する。

 収録では珍回答が続出。滝沢は「この時代に(ネットで)調べればわかるのに、よく(現地まで)行ったなと思う」と正直トークを繰り広げた。一茂は「斬新なアイデアだなと思いました。僕が知る限り、こういう番組は見たことない」と番組コンセプトを絶賛し、伊集院も「期待を裏切らない面白さ」と太鼓判。「テレ東さんのシュールな感じが大好き」という北乃は、「家でまったり本当に力を抜いて見られる番組なので家族で見てもらいたい」と呼びかけた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月18日のニュース