毎熊「毎日女性に囲まれ気が小さくなった」!?官能小説原作の主演映画「私の奴隷…」初日

[ 2018年10月14日 05:30 ]

主演映画「私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第」の初日舞台あいさつに女優陣と登壇した毎熊克哉(中央)
Photo By スポニチ

 16年毎日映画コンクールでスポニチグランプリ新人賞を受賞した俳優の毎熊克哉(31)が13日、主演映画「私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第」(監督城定秀夫)の初日舞台あいさつを都内で行った。

 コートを着用して登壇した女優陣について「中は全裸です。“私の奴隷”流の秋の装いです」と紹介。官能小説が原作で、複数の女性を調教する役どころ。「うらやましいとよく言われるけど、毎日女体に囲まれてるとだんだん気が小さくなって、撮影が終わってから顔にぶつぶつがいっぱいできました」と明かして笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年10月14日のニュース