劇症肝炎で緊急入院の勝谷誠彦氏がラジオ復帰「三途の川を…怖かった」飲酒欲求ない?「うん」

[ 2018年10月14日 19:10 ]

勝谷誠彦氏
Photo By スポニチ

 8月21日にアルコール性の劇症肝炎により腹痛を訴えて緊急入院したコラムニストの勝谷誠彦氏(57)が14日、パーソナリティーを務めるFM香川「怒れるおっさんラジオ」(日曜後6・00)に復帰した。

 前日13日、収録に参加したもの。

 勝谷氏は番組冒頭「恥ずかしながら帰ってまいりました」とあいさつ。当初は黄疸がひどく「横断歩道みんなで渡れば怖くないと言いますが、僕の黄疸(横断)歩道は1人で三途の川を渡ろうとして、すごく怖かったです」と振り返った。

 パーソナリティーの四国学院大学教授・田尾和俊氏が「もう飲まなくても大丈夫になったんですか?酒飲みたくて仕方がないという欲求は抑えられるんですか?」と聞くと、勝谷氏は「うん」と答えた。

 勝谷氏は8月21日、集中治療室に入院。翌22日、公式サイトで毎朝有料配信しているコラム「勝谷誠彦の××な日々。」を初休載。10月1日から再開した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年10月14日のニュース