立川志らべが真打昇進会見、師匠志らくエール「みっともなさをさらけだして糧に」

[ 2018年10月6日 19:15 ]

真打昇進記者会見に出席した立川志らべ(左)と師匠の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らべ(43)が6日、都内で行われた真打昇進記者会見に師匠の立川志らく(55)とともに出席した。

 志らくは、同期の弟子で昨年に一足先に真打に昇進した立川らく次(41)を引き合いに出し「2人のどちらが先に昇進するかという競争で(志らべは)負けました。でも私の師匠の談志は“人生の恥ずかしい部分を見せるのが芸能だ”とおっしゃいました。みっともなさをさらけだして糧にして欲しい」とエールを送った。

 志らべは「師匠からずっと上手くなれと言われていましたが、もっとギャグを考えろと言わるようになりました。それはうれしかった。もっと自分のなりのギャグを入れたりした落語をやっていきたい」と意気込んだ。

 なお真打昇進披露落語会は11月4日に東京・日経ホールで行われる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年10月6日のニュース